パワーストーンと宝石の違い

パワーストーンと宝石の違い
パワーストーンと宝石は、「石」に何らかの意味を持たせる、という意味では一緒です。ただ、この2つには、明確ではないにしろ、違いがあります。それについて見ていきましょう。
<2つの共通点の共通点>
パワーストーンと宝石は、両方とも「石」を使って作られた(あるいは石そのもの)ものです。一般的に「宝石」に分類されるルビーやサファイヤも、「パワーストーン」として売られていることがあります。
このため、単純に「石を持つ」ということだけを考えれば、この2つには大きな違いはない、と見ることができます。jrshere
<2つの差はどこに生まれるか>
ただ、宝石の場合は「美しく見せること」「希少性」が重要視されます。つまり宝石は、一つのファッションアイテムであるのと同時に、ステータスシンボルでもあるのです。美しい輝き、珍しいもの、あるいは高価なものを身につけることによる満足感を得られるのは、宝石の方です。
対してパワーストーンの場合、「石」としての美しさ自体は宝石のそれに劣ります。しかしながらこちらの場合、そこに「お守り」としての要素を見出すことができます。自分と相性のよい石を持つことによって、何となく心強くなれたり、目標に対して前向きになれたりという、精神的な安定感を得ることができます。
宝石とパワーストーンは、「どちらかだけが優れている」と言えるものではありません。どちらも自分の心を満足させる、という意味では同じだからです。自分が「美しいもの」と「お守り」、どちらにより強い満足感を覚えるか、ということだけが問題なのです。
パワーストーンってどんなもの?
パワーストーンという言葉は、現在とてもポピュラーなものになっています。販売している光景などを目にしたことのある人も多いのではないでしょうか。
しかし、いざ、「これってどんなものなのか」と聞かれると、明確に答えられない、という人も多いはず。そこでここでは、まずは「パワーストーンとは何か」からお話していきたいと思います。
<「石」を考える>jrstrs
「石」というのは、昔から珍重されてきました。中国などで見られた玉(ぎょく)やダイヤモンドといったものは、特別な価値を持っています。その美しさや、自然が作り上げた「石」に、人々は、人智を超えた力を期待したのではないでしょうか。
願いを叶えたり、悪いものから身を守ったり、自分自身が前向きになれるように、と考え、石は、昔から多くの人にもたれてきました。
<現在の「石」の考え方>
現在でも、この流れは変わりません。パワーストーンは「お守り」として利用されています。自分と相性のよいものを選んで持っている、という人も多いのではないでしょうか。
パワーストーンというのは、「それを持っていれば何もかもがうまくいく」という魔法のアイテムではありません。神社のお守りのようなもので、自分の心を安定させるためのものです。特別な効果や効力が目に見えてあるわけではなくても、それを持っているだけで自分の心がなんとなく落ち着いたり、心強く思えたりするもの。それがパワーストーンを持つことの意味なのです。

what's new

2014-11-19
パワーストーンの偽物に気をつけようの内容変更
2014-11-19
パワーストーンのブレスレットのデザインの内容変更
2014-11-19
パワーストーンのクラスターを飾ろうの内容変更
2014-11-19
パワーストーンと満月の月光のパワーの内容変更
2014-11-19
パワーストーンで芸術センスを高めようを新規投稿
2014-11-18
パワーストーンと宝石の違いの内容変更
2014-11-17
運営者紹介を新規投稿
2014-11-17
サイトマップを新規投稿